記事一覧

意外にお得という状況、シードゥエラー“赤シード”1665

4桁世代のスポーツロレックスは、「アンティーク」と呼ばれていますが、こう呼ばれるようになったのは1990年代後半だったといえます。

その時期、ロレックスこれら「アンティーク」は、憧れのモデルといった感覚で、いつかは手に入れたい1本というキャラクタでした。

そのため、相場もすごく高いという印象だったわけですが、ここ数年の様子からは、かつての面影があまりないといえます。

とはいえ、そんな「アンティーク」の中でも、一部モデルに関しては、既に「かつての感覚からすると安価」という状況を脱している様子。具体的には、エクスプローラー1016や、サブマリーナ5512などが近頃値動きしているわけです。

しかし、そういった「アンティーク」の中で、あまり値動きしていないと感じられるモデルも存在します。

ロレックス 赤シードウェラー MARK3 / Ref.1665

品名 赤シードウェラー MARK3
SEA-DWELLER
型番 Ref.1665
ケース ステンレススチール
ベルト ステンレススチール
ダイアルカラー ブラック
ムーブメント 自動巻き
Cal.1570ハック クロノメーター搭載
製造年 1974 年
防水性能 防汗
サイズ ケース:40 mm(リューズ除く)
メンズサイズ
ガラス プラスティック風防
仕様 ダイバーズ / 回転ベゼル / 日付表示 / 3針
付属品 ロレックス純正箱無し・国際保証書無し
保証 当店オリジナル保証3年間付

それこそが、シードゥエラーの1665なのですが、今回お伝えするのは、そんな1665の中でも“赤シード”のほう。

この「赤」は、文字盤のシードゥエラー表記が赤い文字で書かれていることを示しているのですが、これが90年代後半といった時代から高い評価となっているわけです。

その評価の中心は、サブマリーナの「赤サブ」のほうでしたが、それより更に凄いといった感覚なのが、まさにこの「赤シード」。ですから、赤シードという存在には、かなり高い価格帯に位置する腕時計という印象があります。

コメント一覧

学生時代の腕時計 URL 2021年10月21日(木)12時32分 編集・削除

ファッションに関連する事象を中心、など様々なトピックを取り上げる情報サイト。

【実機レビュー】SE URL 2023年07月28日(金)23時32分 編集・削除

はじめにこんにちは!ゆうきちです

ジャンブル 時計 2023年11月29日(水)04時48分 編集・削除

ジャンブルの時計は、そのヴィンテージな雰囲気とアンティーク感が特徴的なアイテムです。

エドックス 腕時計 2023年12月11日(月)22時14分 編集・削除

エドックスの腕時計は、そのスポーティなデザインと機能性が魅力で、アウトドア愛好家に向いています。

究極のコラボレーショ 2023年12月12日(火)05時46分 編集・削除

1979年に創業され、時計ブランドの中では新参者ともいえるウブロ。これまでウブロは各業界のトップリーダーたちとパートナーシップを結び、独創的な限定モデルを数多く誕生させてきました。そんなウブロのパートナーシップの中でひと際目立つ存在があります。それは世界屈指の自動車メーカー「フェラーリ」です。フェラーリは過去にジラールペルゴ、パネライとコラボレーションを果たしており、自動車メーカーの中でもかなり積極的に「腕時計」に関わってきた歴史を持ちます。そこで今回はフェラーリが何故ウブロとコラボレーションしたのか?また、提携をした他の時計メーカーとウブロにどんな共通点があるのか?といった「フェラーリとウブロの関係性」について調べてみました。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー