記事一覧

「CHANEL」の6文字がテーマの時計たち。話題沸騰カプセルコレクションとの一期一会の出会い!

CHANELの6文字」がテーマのタイムピースをどうしても手に入れたい! そんな欲望を表現し、コレクション名に取り入れた“CHANEL WANTED CAPSULE COLLECTION”。

今回、そのクリエイティビティあふれるグラフィックのコードの主役に抜擢された「CHANEL」のロゴによって、“J12”、“コード ココ”、“ボーイフレンド”、“プルミエール”というメゾンの4つのアイコンが、より自由で個性的なタイムピースへと華麗に生まれ変わりました!

今しか出会えない! 「CHANELの6文字」が主役の5つのアイコンウォッチ
メゾンの非凡かつ多彩なタイムピースを手がける、シャネル ウォッチメイキング クリエイション スタジオ ディレクターのアルノー シャスタン。今回のカプセルコレクションの発表にあたり、こんなコメントが寄せられました。

■1:ブラック セラミックの艶めきがロゴを際立たせる、“J12 ウォンテッド ドゥ シャネル”38mm

「シャネル」のウォッチメイキングの象徴的存在である“J12”。このカプセルコレクションでは2モデルで展開します。

ひとつ目は、独自の自動巻きムーブメントを搭載した、ブラック セラミックの38mm。

大胆にも、まずはすべての表記を引き算。それによって漆黒の美しさが際立ったベゼルとダイヤルを横断する形で、白い「CHANEL」の文字をあしらいました。メゾンのカラーコードであるブラックとホワイトの対比によって、この最強の6文字のグラフィカルな魅力を改めて印象づけます。

■2:モダンなグラフィックがダイヤルを飾る、“J12 ウォンテッド ドゥ シャネル”33mm

ふたつ目は一転、繊細でフェミニンな表情のホワイト セラミックの33mmモデル。

細いラインで描かれたロゴがダイヤルの上から下へ、次第にリズムを強めながらリフレイン。絶妙に連なり続け、モダンなグラフィックを描きます。

「CHANEL」と いうモチーフを真逆の解釈で表現した、ふたつの“J12”。

ブラックにホワイト、或いはトーンオントーン、ひとつつだけ、或いは多数を、目立つように、或いは控えめに…美しい対極性をもつこのふたつのタイムピースは、メゾンの哲学を余すところなく体現しています。

■3:揺れるチャームが女心をくすぐる、“プルミエール ウォンテッド ドゥ シャネル”

今回のカプセルコレクションのなかでも、もっともプレイフル、そしてドラマティックに「CHANEL」の6文字を昇華させたのが、“プルミエール ウォンテッド ドゥ シャネル”

ブラックレザーを編み込んだステンレススティール チェーンブレスレット、それだけでもアイコニックなのに、1文字ずつあしらわれたアルファベットのチャームが、この時計をまとうときめきを増幅!

「私は、プルミエールという時計の自由さが気に入っています。大胆に遊ぶことができ、想像力を刺激する時計ですし、ジュエリーとしても楽しめるのが好きです」というアルノー シャスタンの言葉からも、彼が今回のカプセルコレクションのなかでもひと際、楽しみながら遊びながらクリエイトしたことがうかがわれます。

■4:ロックな気分をエレガントに表現した“コード ココ ウォンテッド ドゥ シャネル”

続いては、メゾンの自由で大胆なスピリットを宿すモードなタイムピース、“コードココ”。

いかにも「シャネル」らしい、エンボス加工を施したブラックカーフに、パラジウム仕上げの「CHANEL」の文字を大きくあしらい、このロゴのグラフィックの力強さを前面に押し出しました。

「CHANEL」の6文字は、“コード ココ”というモデルの本来の持ち味であるロックンロールの精神に共鳴するシンボルでもあり、ちょっとハードな佇まいがまた、異なる角度から女心を刺激します。

■5:グラフィックアートをダイヤルに映した、“ボーイフレンド ウォンテッド ドゥ シャネル”

最後は、マスキュリンとフェミニンが高い次元で融合した“ボーイフレンド”。

“コード ココ ウォンテッド ドゥ シャネル”同様、ストラップに配された「CHANELの6文字」でパワフルに個性を主張しつつ、現代アート的アプローチで“ボーイフレンド”をアップデート!

「CHA」と「NEL」の間に挟まれたダイヤルには、1990 年代のスピリットを表現したピクセル模様があしらわれ、遊び心と洒脱な個性を発揮します。また、ストラップはインターチェンジャブル方式を採用しているので、替えストラップを購入すればいく通りものイメージを自在にまとえるのも魅力です。


【関連記事】:スーパーコピーとは

タグホイヤーは何故こんなに安いのか?高級時計メーカーのブランド戦略考察

時計専門店に勤めて以来、様々なブランドに触れてきましたが、「なぜタグホイヤーはこんなにも安い価格を維持できるのか」いつも疑問に思っていました。

もちろんただ安いだけではありません。

とにかくかっこよくて、時計としての実用性や品質も抜群。

創業160年近い老舗の貫禄があり、品格やステータスだって申し分ありません。

ロレックスを筆頭にパテックフィリップ、オメガ、パネライなどが定価や実勢相場を上げ続ける中、タグホイヤーだけはコスパの良さを保っており、そのすごさというのは明らかです。

そこでこの記事では、「タグホイヤーはなぜ安いのか」。その秘密を考察してみました。

タグホイヤー カレラキャリバー5 スーパーコピー WBN2110.BA0639

タグホイヤー カレラキャリバー5 スーパーコピー WBN2110.BA0639

最大の変更点が3時位置の日付を6時位置に移動された事です。

細かい部分では針の夜光部分も大型化されておりより実用的な造り込みになっております。

特にアップデートされた部分が旧型よりも薄型にになり腕にフィットしやすい形状のブレスレットです。

型番:WBN2110.BA0639

機械:自動巻き

材質名:ステンレス

ブレス・ストラップ:ブレス

タイプ:メンズ

カラー:ブラック

外装特徴:シースルーバック

ケースサイズ:39.0mm

ケース厚:11.5mm

高級時計ブランドを価格でカテゴリー分けすると、タグホイヤーはエントリー~ミドルクラスといった立ち位置になります。

しかしながられっきとした「高級」時計ブランド。

競合にはロレックス,オメガ,IWC,ジャガールクルトなどの名門が居並びます。

また、ファッション業界きっての大手グループLVMH(ルイヴィトンモエヘネシー)の傘下企業で、ルイヴィトン,ウブロ,ゼニス,ブルガリといったハイブランド群のメンバーの一員です。

にもかかわらず、タグホイヤーはコストパフォーマンスが良い、といったイメージがあり、実際に価格の安さを実現しています。

その秘密は、こういった同業他社とは明確に異なるブランド戦略を掲げていることがまず挙げられるのではないかと思います。

タグホイヤーのブランドコンセプトは「手の届くラグジュアリー」です。

パテックフィリップやオーデマピゲなどの雲上ブランドは、「手が届く人が購入するラグジュアリー」といった立ち位置だと思います。

もちろんそういったブランド戦略は「アリ」で、特別感や所有者の優越感に一役買ってくれるでしょう。実際、ラグジュアリーブランドの代表格・グッチの創業者は「値段が高ければ高いほど所有する価値は高くなる」といった名言を残しています。

一方でタグホイヤーは多くの顧客の手に届けられる高級品を目指しています。そう、タグホイヤーのブランド戦略の大きな特徴は、顧客ターゲットが非常に幅広いのです。

企業は自社製品を売ろうとする時、まずターゲットを絞ります。

多くの高級ブランドが「富裕層」「社会的地位が高い方」をターゲットとする中で、タグホイヤーは若い世代~年配者までと幅広くとることによって、まず差別化しています。

これは、LVMHの中でもウブロやルイヴィトンとは明らかに異なるターゲティングです。

また、価格とステータス性の二軸でとったポジショニングマップ(自社と他社の市場での位置づけを明瞭化したもの)をご覧いただくと、タグホイヤーが同業他社と比べて独特の位置づけをしていることが見てとれるかと思います。

【関連記事】:hacopyスーパーコピー信用できるサイト

さて、1カ月でどう動いたのか! 4月22日付け実勢価格定点チェック|ロレックス通信 No.143

毎月行っている実勢価格定点チェック。グランドセイコー コピー前月からどう変動したのかについては後半でお届けするとして、ロジェデュブイ(RogerDubuis)その前に筆者が刊行するパワーウオッチ誌のバックナンバーをつらつら眺めていて、ちょっと意外なデイデイトを見つけたので紹介したいと思う。
 今年各時計メーカーが発表した新作情報を見ると、ハイブランドも含めて相変わらずグリーン文字盤が目に付く、もはやブルーに次ぐ腕時計の定番カラーとなりつつあるのだろう。グリーンに限らず高級時計業界がカラーダイアルブームとも言える昨今、それに火をつけたのが2022年登場のロレックスのオイスターパーペチュアルだ。ターコイズ(写真)というパステル調の爽やかなカラーが異常人気でいまや定価の10倍以上となる。
爆発的な人気となっているオイスターパーペチュアルのターコイズ文字盤
 そしてここに取り上げたカラーダイアルのデイデイトは、2022年の新作として発表されたモデルで、カラー自体はオイスターパーペチュアルほどの派手さはないが、ブレスレットのイメージが強いデイデイトにおいて革ベルトで、しかも文字盤カラーと色を揃えているあたりが妙に新鮮だ。
 デイデイトといえば、ラインナップすべてが18金ゴールドかプラチナ。それが革ベルト仕様になると重量的にも着けやすくなり、加えてギラギラ感が多少は緩和されるため活躍する場もだいぶ広がるに違いない。
デイデイト、Ref.118138|18金イエローゴールド、文字盤はグリーン(写真:Rolex)
 主なカラーは、18金イエローゴールドケース(Ref.118138)にグリーンとコニャック、18金ホワイトゴールドケース(Ref.118139)にはブルーとチェリー、そしてエバーローズゴールドケース(Ref.118135)にはロジウムとチョコレートが用意されていた。
 自動巻きムーヴメントは旧型3100系のCal.3155。デイデイトの36mmタイプは2022年に現在の新型3200系ムーヴメントに移行しているため、おそらくはそのタイミングで廃番になったのだろうか。現在公式ウエブサイトには見当たらなかった。
 なお、イエローゴールドタイプの当時の国内定価は税抜きで211万円。並行輸入市場では数年前まで新品でも100万円台だったが、残念ながら現在は中古でも400万円台となってしまった。
【写真】グリーン文字盤以外のカラーはコチラ
1 2
可愛いタグホイヤー モナコ コピー キャリバー 11 文字盤 ステンレス メンズ 腕時計 TAq35779
https://www.ankopi.com/Uploads/202211/6197482c193cb.jpg />
タグ ホイヤー モナコ コピー キャリバー 11 文字盤 ステンレス メンズ 腕時計

ケース径
39 mm
ケース厚
16mm
防水性能
100 m
素材
ステンレス
アリゲーター革※カラー:写真どおり(実物撮影)
※レベル: 1対1(N級品)
※付属品:保存袋
※写真を見れば分かる高品質!それに実物は写真よりよほどいい!
※手頃の価値でいい商品が手に入れる!!


【関連記事】:bibicopyスーパーコピー 安全なサイト

ハミルトンのメンズ腕時計おすすめ&人気ランキングTOP10【2022年最新版】

腕時計は小さなファッションアイテムですが、ロジェデュブイ イージーダイバーデザインや素材によって相手に与える印象が大きく変わります。オメガ スーパーコピーハミルトンは、ビジネス向けのシリーズや、カジュアル向けのシリーズなど、さまざまなデザインのメンズ腕時計を展開しているブランドです。誰でもお気に入りの1本が見つかるシリーズの多さが、ハミルトンの一番の魅力。今回は、ハミルトンの人気シリーズランキングだけでなく、選び方もご紹介します!ぜひ素敵な1本を見つけてください。
超希少!パネライ ラジオミールコピーN級品 カーフスト 自動巻き PAM000992
https://www.ankopi.com/Uploads/202112/61b08326b409f.jpg />
パネライ ラジオミールコピーN級品 カーフスト 自動巻き PAM000992
仕様
ムーブメント: 自動巻き
ケース素材: AISI 316Lポリッシュスティール
ベルト: カーフストラップ
サイズ: 約44mm※カラー:写真どおり(実物撮影)
※レベル: 1対1(N級品)
※付属品:保存袋
※写真を見れば分かる高品質!それに実物は写真よりよほどいい!
※手頃の価値でいい商品が手に入れる!!


【関連記事】:では2022年春夏は、どんなバッグが流行るのでしょうか?

そして、この時計で最もコントラストを際立たせているのは、5リンクの、ネジを使わない一体型ブレスレットだ。

A.ランゲ&ゾーネの製品開発ディレクターであるアントニー・デ・ハス(Anthony de Haas)氏は、ブレスレットを組み立てる前に、ひとつひとつのリンクを手作業で磨き上げると語ってくれた(このブレスレットのリンクが全部でいくつあるのかは神のみぞ知る、そしておそらくデ・ハス氏本人も知っていることだろう)。チタン製ブレスレットの装飾と製造に多くの時間を費やしたことが、デ・ハス氏とA.ランゲ&ゾーネが新作オデュッセウスを250本の限定発売にした理由のひとつであり、そのような制限が設けられたのはこれが初めてだ。

SIHH2022 ランゲ&ゾーネ ダトグラフ・パーペチュアル・トゥールビヨン 740.056FE

フライバック・クロノグラフ、ムーンフェイズ表示付き永久カレンダー、ストップセコンド搭載トゥールビヨン、パワーリザーブ表示を同時に搭載するというA.ランゲ&ゾーネの異色のモデルが、ホワイトゴールドケースとピンクゴールドダイヤルで表情も新たに登場します。
モデル名 :ダトグラフ・パーペチュアル・トゥールビヨン
Ref. :740.056FE
ムーブメント :手巻き 自社製キャリバー L952.2
ケース素材 :18K WG
文字盤 :ピンクゴールド無垢
針 :ロディウム仕上げのゴールド製夜光時針および分針/ロディウム仕上げのゴールド製曜日針、月針およびうるう年針/ブルースチールの秒針、分積算針およびクロノグラフ針
ケース径 :41.5 mm
限定 :世界限定100本

2022年モデルとなるA.ランゲ&ゾーネのオデュッセウスにおける改良点のうち、群を抜いて大きく、かつ最もインパクトがあるのはこのチタン製ケースだが、特筆すべき変更点はこれだけではない。ランゲが“アイスブルー”と呼ぶ、クールなブルーの新しいダイヤルカラーが登場したのだ。水色とグレーの中間に位置するシアン色の魅力的な色合いで、光が当たると非常に多彩な表情を見せる。さらに、この新しい色は遠距離での視認性にも影響せず、これは私が思うにオデュッセウスの最も過小評価されている特性のひとつである。しかし、いい色だが少し“無難”な感じがする。もしかしたら意図的に無難にして、不快感を与えないようにしているのかもしれない。ダイヤルのトーンを変えたところで、オデュッセウスに対する既成概念が覆されることはないと思うが、ケースの仕上げは変わるだろう。

ダイヤル外側のアワートラックも更新され、それぞれのアワーマーカーに向かって内側に傾斜する擬似同心円状のギヨシェ模様が特徴である。この効果については、この時計に対する最初の記事で触れたが、プレス画像では、それほど重大で顕著な変化だとは感じられなかった。しかし実際に時計を見ると、この滑らかに流れるような模様は一目瞭然で、目に優しく、SS製のオデュッセウスのアワーマーカーにあるシームレスな同心円模様とは異なって見える。

【関連記事】:ninki888スーパーコピー 優良サイト 口コミ

ブライトリングの定番ウォッチ「ナビタイマー」が完全リニューアル!

ブライトリングの名パイロットウォッチ『ナビタイマー』が、誕生70周年を期にリニューアル! 計器としてのディテールを受け継ぎながら、より日常使いに寄り添うデザインに。

日本時間2022年3月29日21時、ブライトリングはスイス・チューリヒからスイス時計発祥の地・ジュネーブに向かう飛行機の機上で、2022年の新作を発表しました。なぜ、わざわざ機上を発表の場に選んだのか? 

それは新作が、“パイロットウォッチの代名詞”ともいえるあの人気モデルだったからです。そのモデルとは、そう、もちろんナビタイマーです。

2020年 ブライトリング新作 ナビタイマー B03 クロノグラフ ラトラパンテ 45 RB0311E61F1P1

Ref:RB0311E61F1P1
ケース径:45.00mm
ケース厚:15.73mm
ケース素材:18Kレッドゴールド
防水性:3気圧(30m)
ストラップ:穴留め式ブラックアリゲーター
ムーブメント:自動巻き、Cal.B03(自社開発製造)、約70時間パワーリザーブ、毎時28,800振動、COSC公認クロノメーター
仕様:時・分・秒表示、日付表示、ストラトス・グレーダイアル、スーパールミノバ®蛍光塗料を塗布したインデックスと時・分針、回転計算尺付き両方向回転式ベゼル、シースルーケースバック

2020年 ブライトリング新作 ナビタイマー オートマチック 35 A17395161C1P1

ナビタイマー オートマチック 35
A17395161C1A1
Ref:A17395161C1P1(穴留め) / A17395161C1P2(フォールディングバックル)
ケース径:35.00mm
ケース厚:9.92mm
ケース素材:ステンレススティール
防水性:3気圧
ストラップ:穴留め式もしくはフォールディングバックル式ブルーアリゲーターレザー
ムーブメント:自動巻き、ブライトリング キャリバー17、毎時28,800振動、約38時間パワーリザーブ、COSC公認クロノメーター
仕様:時・分・秒表示、両方向回転式ベゼル、ブルーダイヤル、スーパールミノバ®蓄光塗

【関連記事】:burando777スーパーコピー商品はちゃんと届くの?

今年初めに発売されたブレゲの最新作に、Watches & Wonders 2022開催中にジュネーブで触れることができた。

新モデルはマリーンコレクションに属し、ブレゲがマリンクロノメーターのメーカーとしての歴史を有し、特にマリーンコレクションは、海洋の雰囲気を湛えていることからも、打ってつけの組み合せではないだろうか。この新しいマリーン ブレゲは、ホワイトゴールドとイエローゴールドの2モデル展開で、これまでのウブロのなかで最もラグジュアリーで豪華なモデルであると公言して憚らない。トラベルタイムウォッチのなかでもファーストクラス級(ある意味、プライベートジェット級)の時計であることは間違いない。

2022新作 ブレゲ 偽物 マリーン アラーム ミュージカル5547 5547BB/Y2/9ZU

カテゴリ ブレゲ マリーン
型番 5547BB/Y2/9ZU
機械 自動巻き
材質名 ホワイトゴールド
ブレス・ストラップ ストラップ
タイプ メンズ
カラー サンバーストブルー
文字盤特徴 ローマ
外装特徴 シースルーバック
ケースサイズ 40.0mm
機能 2タイム表示
アラーム
デイト表示
パワーインジケーター
ブレゲの創業者のアブラアム・ルイ・ブレゲはかつて「フランス王国海軍御用達時計師」の称号を与えられた天才時計師でした。ブレゲが製作した海洋時計のマリンクロノメーターをフランス海軍に納めた歴史的な遺産に敬意を表して作られたのが「マリーン」コレクションです。
文字盤には波模様のギョーシェ彫りを施し、秒針の最後部には国際海洋信号旗の「B」のモチーフがあしらわれます。ムーブメントもアップデートされ、シリコン製ホーンのインバーテッド・インラインレバー脱進機とシリコン製ひげゼンマイを採用した45時間パワーリザーブのキャリバー519F/1を搭載。
文字盤の3時位置にはアラーム用の独立したサブダイアルを、9時位置には第二時間帯のサブダイアルを配置します。
4時位置リューズでアラーム、8時位置のプッシュボタンでは12時位置下のアラーム機能のオン/オフの設定をおこないます。
エレガンス&スポーティーを具現化する新たな【マリーン アラーム ミュージカル】の登場です。

新しいマリーン オーラ・ムンディは、43.9mm×18.8mmとクラシックコレクションモデルよりも若干大きくなっているが、クラシックの30m防水に対して、100m防水に強化されている(また、マリーンの名にふさわしく、ブレスレットオプションのひとつに非常に肉厚で快適な、よくできたラバーストラップだ)。マリーン オーラ・ムンディは、機能的にも技術的にも先代モデルとまったく同じだが、審美面では新しい世界を表現している。ダイヤル下部には、手作業で施されたギョーシェ彫りで様式化された波が描かれ、その上をサファイア製ディスクが全体を覆い、そこには水平方向にサテン仕上げが施されたメタリックな大陸が描かれている。

ダイヤルは非常に奥行きがあり、文字通り夜光ではないものの(針とアワーマーカーを除く)、3時位置に配されたデイ/ナイト表示の手作業で打ち付けた太陽と月の輝きが、紺碧の輝きをより一層際立たせている。6時位置には都市時刻を示す小窓があり、12時位置の小窓には日付が表示される。

デュアルタイムゾーンウォッチの愛好家であれば(あるいは単に観察力のある愛好家なら)、何かが欠けていることに気づくだろう。デュアルタイムゾーン表示付き時計(GMT表示付き時計と呼ばれることもある)には、通常2本の時針がある。ひとつは1時間単位で設定可能で、現地時刻を表示する針だ。ロレックス GMTマスターⅡは、その実用性とシンプルな操作性から人気の高い複雑機構であり、その代表格である。しかし、ブレゲはオーラ・ムンディ専用コンプリケーションのために、一風変わったものを考え出した。それは、ローカルタイムとホームタイムのどちらかを操作で呼び出すデュアルタイムゾーンウォッチだ。

その仕組みは次のとおりだ。まず、7時位置のリューズでホームタイムの都市を選択する。次に、3時位置のリューズを使って、時刻、日付、デイ/ナイト表示を設定。さらに、7時位置のリューズで第2都市を選択する。リューズを回すと、時刻、日付、デイ/ナイト表示が選択した第2都市に合わせて正しい位置に更新される。ふたつの都市を設定した後、7時位置のリューズを押し込むと、時針、日付、デイ/ナイト表示が自動的に2都市間で瞬時に切り替わるのだ。


【関連記事】:華麗に進化中!ankopiのBESTファッションアルバム

速報!2022年ランゲ&ゾーネ新作モデルを発表!

ドイツの至宝ランゲ&ゾーネ。美しく工芸品のような同社のスーパーコピー時計は、世界の愛好家の憧憬を一身に集めます。

また「一つのモデルにつき、一つのムーブメント」を自社製造する大変稀有なブランドでもあり、高い時計製造技術と設計力,熟達した職人魂を強みに、時計業界で特別なポジションを獲得してきました。

そんなランゲ&ゾーネの新作、例年楽しみにしているファンは少なくありません。決して新作を大量リリースするようなブランドではありませんが、確実に美しく、革新的で、それでいて熟成された至極の新作を発表し続けてきたためです。

2022年、ランゲ&ゾーネが放った、至高の腕時計とは?

A.ランゲ&ゾーネ スーパーコピー ダトグラフ アップダウン 405.031

カテゴリランゲ&ゾーネ その他(新品)

型番405.031

機械手巻き

材質名ピンクゴールド

ブレス・ストラップストラップ

タイプメンズ

カラーブラック/ホワイト

外装特徴シースルーバック

ケースサイズ41.0mm

機能デイト表示

フライバッククロノグラフ

パワーインジケーター

1999年に発表された、同メゾンを代表するクロノグラフ「ダトグラフ」。

6時位置にパワーリザーブインジケーターをプラスして、こちらの「ダトグラフ アップダウン」に生まれ変わりました。

伝統的なコラムホイールに加え、フライバック式のリスタート機構、プレシジョン・ジャンピング・ミニッツ・カウンターなどの機能を満載しています。

クロノグラフモデルとして文字盤の外周にはタキメータースケールを設け、またより正確な数値が読めるように文字盤上の一秒間は5つに区切られ、1/5秒までの計測が可能となっています。シースルーバックから眺められるムーブメントは、機械式時計ファンであれば思わず息を飲むほどに造りこまれており、時間を忘れて見入ってしまう事でしょう。

【関連記事】:コピー品を買ってしまった

【2022年 新作】オンデマンドで発光する新型ジャンピングアワー、ルイ・ヴィトン「タンブール スピン・タイム エアー クァンタム」

ルイ・ヴィトンの「スピン・タイム」は、2009年の発表時に、これまでのジャンピングアワーの複雑機構を再考し、一般的な時間の表示方法を3次元のダンスへと昇華させ話題を集めた。

新作「タンブール スピン・タイム エアー クァンタム」は「スピン・タイム」の3 次元的な動きはそのままに、さらなる進化と変貌を遂げている。アワーのキューブがオンデマンドで発光し、第4 の次元が加えられたかのようだ。キューブの内部から発光しているように見えるこの神秘的な光は、時計専業メーカーにはないルイ・ヴィトンの独創性を証明している。

ウォッチの中央には、複雑機構を専門とするジュネーヴのウォッチメイキングアトリエ「ラ・ファブリク・デュ・タン ルイ・ヴィトン」によって独自開発されたキャリバーLV 68が搭載されている。まるでウォッチケース内に浮いているかのように見えるキャリバーLV 68は、従来の「スピン・タイムエアー」のムーブメントと同様、機械式ムーブメントであり、まったく同じ機能を有する。そして、リューズに組み込まれたプッシュボタンを押すとアワーキューブが発光する。各キューブの上面のフランジ内部に直接配置された小さなLEDの成せる技だ。LEDは、各キューブ内に小さいながらも力強い光線を放ち、キューブが内側から点灯しているように演出する。

特徴

「タンブール スピン・タイム エアー クァンタム」の先鋭性は機械式のスピン・タイムとは一線を画す大胆な美学に反映されている。スーパールミノバの特徴的な色である鮮やかな発光塗料のグリーンとイエローとは対照的な、DLC(ダイヤモンドライクカーボン)コーティングを施したマットブラックのケースを採用した同ウォッチは、ルイ・ヴィトンのロゴを回路基盤に見立てたユニークなメタライズエンブレムがサファイアバックのデザインに採用され、どこから見ても統一感のある世界観を表現している。

イルミネーションを明るく、そして持続して点灯させることが可能だ。プッシュボタンを押し続けている限り、キューブは点灯し続ける。また、プッシュボタンから指を放した後も、イルミネーションは3 秒間点灯し続ける。

従来の「タンブールスピン・タイム エアー」のキューブは圧延アルミだが、「タンブール スピン・タイム エアー クァンタム」は、ほぼ純粋な二酸化ケイ素でできたガラスである溶融シリカ(石英ガラス)を採用している。不純物や添加物を無くすには、非常に高い温度での加工が必要であり、従って、より手間と時間を要する製造プロセスとなる。しかし石英ガラスが、光学レンズ、半導体、そしてLED の光を通す本製品のアワーキューブなどの精密な用途向けに最適の素材である理由は、まさにこうした極めて純度の高い透明度を確保できるからだ。

LEDの電源はフランジの下に隠された特殊なリングで固定される2つの電池から供給され、ムーブメントの電子部分や機械式部分を傷付けることなく電池交換が可能になっている。また、リューズの底部にあるさりげない点灯リングは、電池残量インジケーターの役割を成し、最終的に電池交換が必要になった時に点滅する。


【関連記事】:ファッション製品のレポートと関連情報の専門的な追跡

【ジュエリーブランドが生み出した婚約時計向けのレディースモデル3選】

カルティエ、ブルガリ、シャネルはジュエリーから宝飾品まで数多くのファッションアイテムを手がけています。婚約時計と結婚指輪を同じブランドでそろえることも可能です。

カルティエ パシャドゥカルティエは、高い防水性をはじめリューズプロテクターとケース本体がチェーンで繋がれているデザインが人気のポイントです。ブルガリ・ブルガリは「BVLGARI BVLGARI」と書かれたベゼルが特徴になります。

シャネルのJ12ウォッチは小さな型のケースが目をひくデザインになっています。ここでは、カルティエ、ブルガリ、シャネルの中から婚約時計向きのレディースモデルを中心に紹介していきます。

1.2021年 ブルガリ新作偽物 ルチェア スケルトン ブルー 日本限定モデル SAP103435

ルチェア スケルトン ブルー 日本限定モデル
Ref:SAP103435
ケース径:33mm
ケース素材:ステンレススティール
防水性:30m
ストラップ:ライトブルーのアリゲーター、ステンレススティール製アーディヨンバックル
ムーブメント:自動巻き、Cal.BVL 191SK(自社製)、42時間パワーリザーブ、毎時28,800振動
仕様:時・分・秒表示、スケルトン仕上げ、カボションカットのピンクストーンとブリリアントカットのダイヤモンドを施したステンレススティール製リューズ、ブルーのマザー オブ パールとダイヤモンドを施したブルガリロゴのオープンワークダイアル、ブルーラッカーの針
限定:日本限定150本


2.2021年 シャネル新作コピー J12 X-RAY

J12 X-RAY
ケース径:38mm
ケース素材:サファイア
防水性:30m
ストラップ:サファイア製ブレスレット、2つのリンクに34個のバゲットカットダイヤモンドをセッティング(1.96ct)
ムーブメント:手巻き(自社製)、スケルトン、Cal. 3.1、約55時間パワーリザーブ、21石
仕様:時・分表示、サファイアダイアル、ダイヤモンドインデックス(12個 0.38ct)、ベゼルに46個のバゲットカットダイヤモンドをセッティング(5.46ct)、リュウズにブリリアントカットダイヤモンドをセッティング(0.17ct)
限定:世界限定12本
シャネルは理想とするクリエイションのために、素材を探求する。傷つきにくい高耐性セラミックはその典型だが、「J12 X-RAY」は同様に傷つきにくいサファイアを採用した。ケース素材に使用するのは最近増えている手法だが、シャネルはブレスレットのコマもサファイア製で、さらにはムーブメントもサファイアのプレートを使って組み込んでいる。その結果どこからも光が入り、美しい透明感を楽しめる。

3.カルティエコピー パシャ38mm W1025537メンズ 自動巻き ピンク

タイプ 新品 メンズ
機械 自動巻き
材質名 ホワイトゴールド
宝石 ダイヤモンド
文字盤色 ピンク
文字盤特徴 アラビア
外装特徴 シースルーバック
ケースサイズ 38.0mm
機能 デイト表示
付属品 内 外箱
革ベルト・尾錠 共に純正


【関連記事】:https://www.shofuso.net/movie/css/diary.cgi

時には、ブランド自身が単純化することもある。

フランスは文化主義であり、その奥深さ、歴史、そして不可解な複雑さは威圧感を与えることがある(目利きを意味するコノサー(connoisseur)という単語がフランス語であるのも、そのためだ)。フランス人ですら、ニュアンスや多様性、微細な特徴に圧倒されることがある。「246種類ものチーズがある国を統治するのは難しい」と言ったのは、フランス人の政治家シャルル・ド・ゴール(Charles de Gaulle)であった。

A.ランゲ&ゾーネ スーパーコピー サクソニア オートマティック 380.033/LS3804AG

■ 品名 : サクソニア オートマティック
Saxonia Automatic
■ 型番 : Ref.380.033/LS3804AG
■ 素材(ケース) : 18Kピンクゴールド
■ 素材(ベルト) : 革
■ ダイアルカラー : シルバー
■ ムーブメント / No : 自動巻き / Cal.L941.1
■ 製造年 :
■ 防水性能 : 30m防水
■ サイズ : 38.5 mm(リューズ除く)__ / メンズサイズ
■ ガラス : サファイヤクリスタル風防
■ 仕様 : スモールセコンド
1994年に初代が登場して以来、ランゲ&ゾーネの定番モデルとして人気を博すサクソニア。そのネーミングはドイツ・ザクセンの地名に由来します。38.5ミリという小径サイズ、さらにランゲ&ゾーネ史上最も最薄というケースにはピンクゴールド素材が用いられました。3、6、9、12時位置のバーインデックスはダブルアプライドとなり、スモールセコンドのインダイアルには目盛りが採用され、視認が向上しました。ランゲ&ゾーネ自社製自動巻きキャリバーを搭載しています。


2022新作 A.ランゲ&ゾーネスーパーコピー リトル・ランゲ1・ムーンフェイズ 182.030

シルバー ギョーシェ仕上げにムーンフェイズを持つリトル・ランゲ1。ナイト&デイ機能がないことでランゲ1・ムーンフェイズよりもケースが薄く装着感を高めています。
モデル名 : リトル・ランゲ1・ムーンフェイズ
リファレンス : 182.030
ムーブメント : キャリバーL121.2 手巻き
ケース素材 : 18K ピンクーゴールド
文字盤 : ゴールド無垢 シルバー ギョーシェ仕上げ
ケース径 : 36.8mm
防水 : 日常生活
付属品 内箱、外箱


この敷居の高さは、フランス語読みのラグジュアリーに限ったことではない。A.ランゲ&ゾーネをザクセン地方の発音に近い形で発音するのは難しいが、「エイ・ラング・アンド・ソーン」とすれば、それほど違和感なく発音できる(本当は「ラング」だけでいいが)。

【関連記事】:http://homanzankouyu.sunhouse.in/files/plugins/diary.cgi

【定番人気】メンズ腕時計 おすすめブランドランキングTOP3

ここでは、大人の男性のライフスタイルや着こなしにマッチするハイセンスなメンズ腕時計が揃う定番ブランドをご紹介します。

数多くの腕時計の愛好家やおしゃれな人から人気を集めている理由や、各ブランドのこだわりを把握して、時計スーパーコピーお気に入りの一点を見つけましょう。

TOP1.ロレックス スーパーコピー シードゥエラー ディープシー Dブルー 126660

2018年のバーゼルワールドで発表されたディープシーDブルーのニューモデル【126660】。
前モデルの116660と同様に装備される“リングロックシステム”は、中央のセンターリングを上側から厚み5mmのサファイアクリスタルガラス、下側からグレード5チタン合金製の裏蓋で挟み込み、3900mもの驚異的な防水性能を保証します。
文字盤のブルーカラーの範囲が広がったことや、ケースラグのデザインの変更やブレスレットの幅を広くしたことの他に搭載されるムーブメントが最新キャリバー3235に変更されたことが最大の特徴です。
脱進機自体を軽量化したクロナジーエスケープメントや、耐磁性や耐衝撃性に優れたブルーパラクロムヘアスプリングを搭載し、さらに香箱の壁の厚みをこれまでの半分にすることでパワーリザーブを48時間から70時間まで飛躍的に向上させています。


TOP2.稀少*オーデマピゲ 偽物ロイヤル オーク オフショア ダイバー 15720CN.OO.A002CA.01

・ケース:
 18Kホワイトゴールドケース
 反射防止加工サファイアクリスタルガラス製風防とケースバック
 ブラックセラミックのベゼルとネジ込み式リューズ
・ケース幅:42 mm
・防水性:300 m
・ケースの厚さ:14.2 mm
キャリバー
・自社製自動巻き キャリバー4308
・直径:32 mm (14 リーニュ)
・バランスホイールの振動数:4 Hz (28,800 振動/時)
・石数:32
・パワーリザーブ:60 時間
・部品数:234
・機能:ダイビングスケール、時、分、センターセコンド、デイト


TOP3.ウブロHUBLOTコピー ビッグバン キングRef.322.PX.100.RXメンズ 自動巻き ピンクゴールド ブラック

タイプ 新品 メンズ
型番 322.PX.100.RX
機械 自動巻き
材質名 ピンクゴールド
文字盤色 ブラック
外装特徴 逆回転防止ベゼル
ケースサイズ 48.0mm
機能 デイト表示
付属品 内 外箱
ギャランティー
革ベルト 尾錠 共に純正


【関連記事】:http://d-koueki.jp/H31.1.21/diary.cgi

セイコースタイルのみっつのデザイン方針

"グランドセイコーは1960年、「世界に挑戦する国産最高級の腕時計」を志し誕生した。その初代から今日まで追求し続けるのは、「正確さ」「見やすさ」「美しさ」。ひとつめの正確さは、優れたムーブメント開発でかなえてきた。そして残りふたつを実現するのは、独自のデザインロジックで構築されたセイコースタイルである。目指したのは、「燦然と輝くウォッチ」であった。より多くの人の感性に響かせるため、セイコーのデザインチームは、「光」と「陰」との調和を重要なキーポイントとした。そして、

SBGA125 グランドセイコー 世界限定1000本|セイコー

型番 SBGA125
機械 スプリングドライブ/AT
材質名 チタン
タイプ メンズ
文字盤色 シルバー
外装特徴 シースルーバック
ケースサイズ 47.0×40.0mm
機能 耐磁
デイト表示
パワーインジケーター
付属品 内・外箱
ギャランティー

1. 平面を主体として、平面と二次曲面からなるデザイン。三次曲面は原則として採り入れない。

2. ケース・ダイヤル・針のすべてにわたって極力平面部の面積を多くする。

3. 各面は原則として鏡面とし、その鏡面からは極力歪みをなくす。

という、みっつのデザイン方針を定めた。うち最後の「鏡面から極力歪みをなくす」のに欠かせないのが、1950年代にドイツのザラツ兄弟社から導入した研磨機。回転する錫盤に押し当て鏡面仕上げの下地となる超平滑な面をつくる「ザラツ研磨」によって歪みが解消された完璧な平面はまるで鏡のようで、グランドセイコーを燦然と輝かせる。

【関連記事】:http://revontuletrecords.com/news/diary/diary.cgi

"

HODINKEEのライターであるローガン・ベイカーは、ジュネーブを億万長者の遊び場と評していた。

私はそれを疑ってはいなかったが、自分はそうしたところに属していないし、完全に他人事だった。パン屋、コインランドリー、エチオピア料理、レバノン料理、タイ料理など、20スイスフランの黒板が掲げられたレストランのある周辺を、しばらくただグルグルと歩き回った。ドクトール-アルフレッド=ヴァンサン通りの薄汚れた建物のコンクリートの張り出しには「SEXY SHOP MEA CULPA」と書かれた看板がかかっていた。

しかし、数ブロック先の店のウィンドウディスプレイには、3700スイスフランもするグリーンとグレーのヘリンボーンカシミヤのニットコートが、他のソフトで非情なほど高価な多くの商品とともに並んでいた。そう、億万長者が身につけるものだ。次は時計を見つけなければ、と思った。地図で時計屋を検索してみた。すると、すぐ近くに「ウォッチ・コンセプト・ストア(Watch Concept Store)」というのがあった。ちょっと難解な名前だが、確かに豚の置物はなさそうだ。

ウォッチ・コンセプト・ストアのメインショールームには、レストアされた1928年製のロイヤルブルーのブガッティが置かれ、トラックライトに照らされてキラキラと輝いていた。ロンジン、エルメス、オリスなどのブランドはそれぞれ独自のコーナーを持っていて、まるで広々としたアパートにお金持ち仲間が同居しているようだった。私は、初めて見たレマニア(Lemania)というブランドのセラミック製の美しいストップウォッチに見とれた。控えめなフェイスが明るい色でまとめられていて、ほのかに桃色が効いていた。900スイスフランのストップウォッチにはまったく用がないが、欲しくなってしまった。

ぶらぶらと歩き続け、最後にたどり着いたのは、まったく別のタイプの店「La Maison de l'Horlogerie」で、ヴィンテージウォッチを売っていた。ロレックス、カルティエ、ジャガー・ルクルトなどのものだ。さらに重要なことは、この店の共同経営者であるアラン・ガットリー氏と会ったことだ。彼はたぶん、何をしようかと迷っている私に気づいたのだろう。エスプレッソを勧めてくれ、大きな木のテーブルに私を案内した。そしてそれからそこで、1時間ほど彼と時計について語り合うことになったのだ。

ガットリー氏は50代後半で、ジーンズにジッパーのついたセーターをきていた。運よく売れるものを売る人生を手に入れた男のフレンドリーな物腰と、そうでなければおそらくもっと多くのものを売ってきたであろう男の魅力にあふれていた。時計が好きで、おしゃべりが好きな人だ。この店は彼の父親が経営していたもので、彼はここで修理のために時計を引き取ったり、修理した時計をお客のもとに持ち帰るという仕事をしながら成長してきた。彼は弟さんと共同で店を経営していた。弟さんは私たちの会話にちょこちょこ顔を出すが、実際話をすることは無かった。

「ここ数年、時計はとても人気があるんですよ」とガットリー氏。「しかし私は、単に時間を知るために腕時計をしていた時代を知っています」。 彼自身は1940年代のロレックスのバブルバックで時刻を見ていたが、これは彼のものではないという。売る前にちゃんと動くかどうか品質管理をしていたのだ。私は、彼が古い時計を買うとき、どうやって本物と偽物を見分けるのか聞いてみた。「私はずっと時計に囲まれて生きてきましたから」と彼は言った。「本能的にわかります」

彼は、古いジャガー・ルクルトをいくつか取り出して見せてくれた。小さなフェイスで、とても女性的で、私には小さすぎて女性的すぎたかもしれない。彼は、ラ・ショー=ド=フォンの美術館には絶対に行った方がいいと言い、携帯電話を取り出してスイスの便利なアプリを見せてくれたが、便利な鉄道システムのない国に住んでいる私は落ち込んだ。今回の旅ではラ・ショー=ド=フォンに行けないだろうと言い、やることが多くて時間がないから時計師に会いたいと言った。金曜日の午後遅かったので、おそらく無理だろうけれど。

 しかし、ガットリー氏は他の人が無理と思うところに可能性を見出す人である。「今すぐ時計師に会いに行ける?」と、彼は強いまなざしで尋ねた。私は「はい」と答えた。彼は何度か電話をかけ、すべてフランス語だったが、「ジャーナリスト」という言葉は聞き取れた。

数分後、私はフランク ミュラーのクロックを搭載した黒いメルセデスに乗り、イヴァン・アルパ(Yvan Arpa)という時計職人に会うためにメイニエという郊外に向かった。運転手にジュネーブに来た理由を告げると、彼はティソを外して私に手渡してきた。「私はティソを外すことはないです。ケニアの家族に会いに行ったときも、この時計をつけて海に入りましたし、シャワーも浴びました。でも、毎晩磨いています」と彼は言った。「だから裏側がきれいでしょう?」。彼は10本の時計を持っていて、4本はスウォッチ、そしてクリスマスにはタグ・ホイヤーを自分自身に贈ろうと思っていたそうだ。「でも、とても高価だから...」と彼は言った。

車内は黒革のシートとコロンの香りがした。運転手は小さな音でニュースを流していた。すべてフランス語だった。私は "ストライキ "と "水曜日 "という単語を確認した。太陽は1時間前に沈んでいた。しかし、私たちは富に囲まれているのを感じた。道路に家はなく、私道が見え隠れし、生け垣の上のシルエットが見えるだけだ。

「お金持ちはジュネーブが好きなんです 」と彼は言った。

ここの人たちは時計が好きなのか、と尋ねると、彼は「好きだと思う」と答えた。彼は私のために、時計に対する自分の意見を整理してくれた。「自分の生き方や行動をよく見て、性格に合った時計を買えばいいんです」そして、こう続けた。「パテック フィリップは55歳以上の年配の男性、とにかくお金持ちの男性で、あまり体を動かさない男性、本を読むのが好きな男性向けですね。ロレックスは万人向け。誰もがロレックスを身につけることができます。お金さえあればね」私が自分の時計は100ドルだと言うと、彼は甲高い声で笑い出した。

時計師のアルパ氏は、メイニエ郊外の小さな家のようなところでアーティア(ArtyA)というブランドを経営していた。車の通りも少なく、歩行者もいない。金曜の夜にタクシーに乗らなければ、簡単には出られない場所だと思った。運転手は30分以内なら待ってくれるという。

イヴァン・アルパ氏は50代だろう。彼は正確な年齢を言いたがらないようだった。それは、年をとることを恐れているのではなく、そんなつまらない現実のことは気にしないのだろうと私は推測した。首にはサーファーがつけそうな青い石のネックレスをかけ、同じような色の瞳は天才的な輝きを放ち、視線は少し遠くを見ていた。こういう人が24時間365日、時計のことを考えているのだ。入ってすぐのレンガの壁には、こんな張り紙があった。「マンネリから脱却せよ」。これは彼のモットーだという。

私は、自分はまったくの素人で、時計についてはほとんど何も知らないと言った。"おめでとう "と彼は言った。「それが一番いい。それなら先入観を持つこともないだろう 」と。アーティアは彼の指示のもとでオリジナルデザインだけでなく、他社のムーブメントも作っていた。彼の下で10人ほどが働いていたようだ。時間がなかったので、とにかく彼がデザインしたものを見て回った。

最初に見せてくれたのは、ベースギターのような形の時計で、弦を表す銀の象嵌が施され、ふたつのFホールを挟んでいるものだった。アルパ氏は言う。「私にとって重要なのは、時計が感情を生み出すことだ」。

「なるほどね。でも私は好きじゃないけど」と私は反対意見を言った。

「それはいい 」と彼は叫んだ。彼は明るく強烈な笑みを浮かべ、視線はフォーカスされた。「嫌いと言ってくれるのは嬉しい。私は人々に反応をしてもらいたいから」

そして、彼のレース・コレクションから、レーシングカーのホイールのように高速回転する文字盤の時計を見せてくれた。手首を動かさないと時刻が見えない。私はこの時計を、コンセプトとしてはクールだと思ったが、百万年経ってもつけたいとも欲しいとも思わないだろう。私たちは、彼がつけている腕時計を見た。ムーブメントが見えるようにスケルトンになっており、ケースは合成サファイアでできていて、67時間磨いて透明に加工しているという。「これはフライングトゥールビヨンが2本のゼンマイを調速するもので、トゥールビヨンは高級な脱進機なんです」と説明された。私はこれらのことをまったく知らなかった。

エクセルシオパーク クォーツ危機から蘇った時計ブランド

そして、この最初のリリースは、正真正銘のノックアウト......まあ、気にしないで。

多くの人にとってクォーツ式ムーブメントの登場は、中生代を終わらせた隕石と同じようなものだろう。確かに一部の種は生き残ったが、大半の種は消滅し、二度と見ることができなくなってしまった。スーパーコピー時計1970年代後半から80年代前半にかけての機械式時計業界も同様で、無数のブランドやムーブメントメーカーが、電池という全能の存在を前にしてビジネスを維持することができず、閉鎖を余儀なくされてしまったのである。こんなふうに考えたことはないだろうが、今日、我々が知っているビッグブランドは、そのような絶滅寸前の危機を乗り越え、生き残ってきたのだ。50年前、ロレックス、オメガ、パテック フィリップ、オーデマ ピゲなどは、機械式時計の伝統という広大で拡張し続ける景観の一部だったが、その伝統はかなり縮小されてしまった。

この10年間、我々は機械式時計製造が大きな復活を遂げたのを見てきた。多くの場合、新興のマイクロブランド、つまり高級ブティックで見かける優良ブランドではない新興の時計会社によるものだ。しかし、それとは別のことも起きている。そのようなマイクロブランドが、カムバック、あるいはリバイバルブランドと呼ばれるものに取って代わられているのだ。クォーツ危機の犠牲となった多くのブランドは眠っていた。名前だけを残し、工場もスタッフもいない。これらのブランドは、80年代の後半、90年代のすべて、そして2000年代初頭のほとんどで失われた存在だった。キャプテン・アメリカを氷漬けにしたようなものだ(あるいはオースティン・パワーズもそう)。しかし、ある起業家たちは、ニック・フューリー(マーベル映画のキャラクター)ばりに、それらのブランド名を手に入れて新たな命を吹き込んだ。

【関連記事】:https://bookmess.com/u/luly2830

時間はスマホじゃなくて、腕時計でスマートに確認したくなる

身につけるだけで背筋がスッと伸びる正統派、お洒落重視の個性派まで、デザインも豊富な時計。ずっと愛せる相棒を見つけてみて。

オリジナルレザーベルトで爽やかに蘇る70’sのデヴィルスクエア。

オメガ デビル X2 ビッグデイトスーパーコピー 7813.50.31

詳細情報

カテゴリ:オメガ デ・ビル(新品)

型番:7813.50.31

機械:自動巻き

材質名:ステンレス

ブレス・ストラップ:ストラップ

タイプ:メンズ

カラー:ブラック

文字盤特徴:アラビア、ローマ

ケースサイズ:35.0×35.0mm

機能:デイト表示

付属品:内箱、外箱、ギャランティー

クラシカルなデザインのスクエアモデルです。

デ・ビル(De Ville)はフランス語で「街角」の意味で、その名の通り普段使いにピッタリな一本。

メカニカル面でも、オメガ独自のコーアクシャルシステムを搭載し、高い精度を長期間維持します。

文字盤に広がるローマ数字とアラビア数字を組み合わせたインデックスが印象的ですが、よく見るとデイト表示もローマ数字とアラビア数字を組み合わせていて面白いですね。

【関連記事】:https://www.debwan.com/finglin711

時計業界におけるSDGs、サステナブルの加速

企業におけるSDGs、サステナブルなものづくりの重要性が加速度的に増している。カルティエそれは高級時計ブランドにおいても然りだ。この傾向はこれまでにも見られたが、一部のモデルでリサイクル素材や環境へ配慮した技術や手法を用いて、その姿勢を示すという場合が多かった。しかし、2021年は、SDGs(持続可能な開発目標)、サステナブルを意識した時計ブランドの存在が顕著だった。特に印象的だったのはカルティエの「タンク マスト」ソーラービート™️だ。本作は新しい「ソーラービート™️」ムーブメントを搭載したカルティエ史上初のソーラーウォッチであり、ストラップに食品産業用に栽培されたリンゴの端材から作られた動物性ではないレザーを使用している。SDGsやサステナブルを強く押し出すのではなく、コレクションのなかで当たり前のものとして取り入れられているのだ。こうしたスタンスで発表された製品は、これまではあまり見られなかったように思う。

カルティエ タンク ソロ SM W5200013 シルバー文字盤 新品 腕時計 レディース

商品コメント
【定番人気☆代表作】カルティエ Tank Solo Small Watch (24105772)
TANK SOLO WATCH
タンク ソロ ウォッチ SM、スティール
品番: W5200013
☆タンク ソロ
控えめで現代的なデザインが特徴の“タンク ソロ”は、発売からすぐに定番商品となりました。“タンク”特有のたぐいまれな美しさはそのままに、いつまでも飽きのこない魅力を持った、親しみやすいデザインです。
【タンク ソロ ウォッチ、SM】
*クォーツムーブメント*
 カルティエ キャリバー157クォーツムーブメント仕様
スティール製ケース、
パール状の飾り付きリューズにシンセティック スピネル カボション、
透明感のあるシルバー オパライン ダイアル、
ローマ数字、ブルースティール製剣型針、
サファイア クリスタル、
スティール製ブレスレット。
ケースサイズ:31mm x 24.4mm、厚さ:5.55mm。
日常生活防水。

高級時計においても大きく動き出したSDGs、サステナブルなものづくりの潮流。これ見よがしなものではなく、当たり前のものとして時計づくりに取り入れられることが今後はますます重要になっていくのではないだろうか。


【関連記事】:https://shoping711.blogfree.net

2021年はモダンウォッチへの関心がヴィンテージを追い越した年ではない

警告:この先、はっきりしない結論と強い意見が出る。

この年末年始の「Point-Counterpoint」は、あるひとつの問いを軸に展開される。今年はモダンウォッチへの関心がヴィンテージウォッチへの関心を上回った年なのだろうか? この「Point-Counterpoint」は、ある種のマナーを守った自由な議論の場であればとても楽しいが、今回はより微妙なニュアンスで答えが導き出されたように思う。ジョン・ビューズはYesと答え、それに対して私はNoと答る。ドン・コルレオーネの言葉を借りて、「その理由を説明しよう」。

 今年は、比較的少数のブランドの比較的少数の時計が多くの関心を集め、多くの見出しをつけた年であることは確かだが、興味深いことに、これはほとんどの場合、空前の需要という抗しがたい力(私は、今日のような時計に対する飽くなき渇望のレベルを見たことがない)が、不十分な生産という動かせない物体に正面衝突した副産物なのである。

 特別な時計が軒並み品薄になり、マニアやコレクターのあいだで話題になっているのだ。そのため、彼らのなかには、怒り、苛立ち、不信感といった感情が渦巻いている。

誰に怒っていいのかわからない。裏口から不正な高値で売りつけ、その差額を懐に入れる小売業者か? 何十年も高級ブランドらしく振る舞ってきたのに(高級ブランドと顧客のサドマゾ的関係は高級ブランドと同じくらい古い)、突然レジャー層からの不満の声に同調することを期待されているブランドなのか? 時計メディアの記者だろうか? 他のコレクターか? 宅配便の人? それとも猫か?

この結果、確証バイアスと呼ばれる、「物事があるように(強く)感じ、その認識を裏付けるために事実を後から選び出す」ことが起こるのだと思う。時計以外の世界からの例は、2021年という一年の終わりに、感情が本当に事実であると(または少なくとも彼らの感情であると)永遠に信じない人に容易に起こるだろうが、ちょっと、我々は時計について話すためにここにいるのだった。

しかし、考えてみて欲しい。話題の高級時計をちょっと取り出してみよう。スティール製ロレックスのプロフェッショナルモデル、ロイヤル オーク、ノーチラス、そしてヴァシュロン・コンスタンタンのいくつかのオーヴァーシーズモデル以外の世界はどのようなものだろうか。

自分の思い通りになることに慣れている人たちが、今回はそうはいかないと深く憤る一方で、そういった特殊なモデルを除けば、今年も昨年とそれほど変わらないように見えるのだ。人々はヴィンテージ・パテックやヴィンテージ・ロレックスに大金を払う。カルティエは、ヴィンテージのオークションで過去最高(多分)の成績を収めた。ハイエンドでは、ヴィンテージのジョージ・ダニエルズにお金を払わない人はいないようだ。ただし、彼のものは、ヴィンテージ全体への関心を測る指標というよりは、興味深い異常値だ。ヴィンテージのオメガは、少なくともいくつかのケースでは、高値で取引されている。


【関連記事】:http://roundfashion2.eklablog.com/

ダイバーズ×トゥールビヨン! ブランパン「フィフティ ファゾムス トゥールビヨン 8 デイズ」に新作が登場

ブランパンの「フィフティ ファゾムス トゥールビヨン 8 デイズ」に新作が追加された。bibiコピー 知恵袋フライングトゥールビヨンを搭載したダイバーズウォッチである今作は、グレード23チタンケースモデルと18Kローズゴールドケースモデルの2種類がラインナップされる。

ブランドの歴史を象徴するダイバーズウォッチ

ブランパンより、「フィフティ ファゾムス トゥールビヨン 8 デイズ」の新作が発表された。今作は、ダイアル12時位置に設けられた開口部にフライングトゥールビヨンを配したダイバーズウォッチである。深海を想起させるようなサンバースト仕上げのブルーダイアルを持ち、グレード23チタン製ケースモデルと18Kレッドゴールド製ケースモデルの2種類が用意されている。

グレード23チタンは、多くの高級時計で使用されるグレード5チタンに比べ耐食性や生体親和性が高いという特徴を持っている。その素材が、11月に発表された「バチスカーフ」、「エアコマンド」に引き続き、今作にも採用されることとなった。300m防水を誇るタフなダイバーズウォッチと繊細な複雑機構であるトゥールビヨンは、一見相容れない組み合わせにも思える。しかし、この2つの要素はブランパンの歴史を語るうえで欠かせないものである。

同ブランドの「フィフティ ファゾムス」は、1953年に発表されたモダンダイバーズの祖と言われる、時計史上のマイルストーンの一つに数えられるモデルである。潜水時間を計るための回転ベゼルには不意な回転を防ぐためのロック機構が備えられ、ブラックダイアルによる高い視認性、夜光のインデックスと針、耐磁性は、いずれも現代のダイバーズウォッチに求められる要素である。その名の通り50ファゾムス(=約91.5m)の防水性を誇る「フィフティ ファゾムス」は、世界各国の軍に納められ、高い性能と信頼性を発揮したという。

 時は過ぎ1980年代、クォーツウォッチの普及によるあおりを受け休眠状態であったブランパンは、”機械式時計のみを製造し続ける”という宣言とともに復活を果たす。そして作り上げたのが、「シックスマスターピース」と呼ばれる機械式時計の基本に立ち返った機能を持つ時計たちであり、その中に含まれていた1つがトゥールビヨンである。

1953年の「フィフティ ファゾムス」の意匠を正統に受け継いだデザインと、複雑機構の代名詞たるトゥールビヨンを持ち合わせる「フィフティ ファゾムス トゥールビヨン 8 デイズ」は、まさに同ブランドの哲学である“革新こそ伝統”を体現する1本なのである。

【関連記事】:ハイクオリティーの世界的ブランド

【日本製のメカクォーツを搭載】スイスのクラシックウオッチ、Hublot(ウブロ)に注目

スイスを拠点とする日本未上陸のマイクロブランド、Hublot(ウブロ)は、普段使いできる手ごろな価格帯で、クラシックでヴィンテージ感のあるデザインのコレクターズウォッチを作るというビジョンから生まれた。

ウブロ スーパーコピー 腕時計 ビッグバン MP-11 14デイ パワーリザーブ サファイア 限定200本 911.JX.0102.RW

カテゴリウブロ ビッグバン(新品)
型番911.JX.0102.RW
機械手巻き
材質名サファイアクリスタル
ブレス・ストラップストラップ
タイプメンズ
文字盤特徴スケルトン
外装特徴シースルーバック
ケースサイズ45.0mm
機能パワーインジケーター
約14日間ものロングパワーリザーブを誇る手巻きムーブメントのHUB9011をサファイアクリスタルケースに搭載した【ビッグバン MP-11 14デイ パワーリザーブ サファイア】。
約14日間ものパワーリザーブを実現させるのはケースの下半分に設置された7個もの連結香箱、
更に連結香箱の左側にはパワーリザーブの残日数を表示します。
スケルトン&サファイアクリスタルケースとなっておりますので360°どの角度からもムーブメントの動きがお楽しみ頂けます。
世界限定数200本。

この時計がウリのアンティークウオッチへの情熱の出発点となり、その後に彼が収集したアンティークウオッチのコレクションは、Hublot(ウブロ)のデザインやコンセプトを形成する、土台になっていったのだ。 設計、組み立て、品質管理はシュトゥットガルト地方のアーレンにある本社で行われている。

ページ移動