記事一覧

エクセルシオパーク クォーツ危機から蘇った時計ブランド

そして、この最初のリリースは、正真正銘のノックアウト......まあ、気にしないで。

多くの人にとってクォーツ式ムーブメントの登場は、中生代を終わらせた隕石と同じようなものだろう。確かに一部の種は生き残ったが、大半の種は消滅し、二度と見ることができなくなってしまった。スーパーコピー時計1970年代後半から80年代前半にかけての機械式時計業界も同様で、無数のブランドやムーブメントメーカーが、電池という全能の存在を前にしてビジネスを維持することができず、閉鎖を余儀なくされてしまったのである。こんなふうに考えたことはないだろうが、今日、我々が知っているビッグブランドは、そのような絶滅寸前の危機を乗り越え、生き残ってきたのだ。50年前、ロレックス、オメガ、パテック フィリップ、オーデマ ピゲなどは、機械式時計の伝統という広大で拡張し続ける景観の一部だったが、その伝統はかなり縮小されてしまった。

この10年間、我々は機械式時計製造が大きな復活を遂げたのを見てきた。多くの場合、新興のマイクロブランド、つまり高級ブティックで見かける優良ブランドではない新興の時計会社によるものだ。しかし、それとは別のことも起きている。そのようなマイクロブランドが、カムバック、あるいはリバイバルブランドと呼ばれるものに取って代わられているのだ。クォーツ危機の犠牲となった多くのブランドは眠っていた。名前だけを残し、工場もスタッフもいない。これらのブランドは、80年代の後半、90年代のすべて、そして2000年代初頭のほとんどで失われた存在だった。キャプテン・アメリカを氷漬けにしたようなものだ(あるいはオースティン・パワーズもそう)。しかし、ある起業家たちは、ニック・フューリー(マーベル映画のキャラクター)ばりに、それらのブランド名を手に入れて新たな命を吹き込んだ。

【関連記事】:https://bookmess.com/u/luly2830

コメント一覧

ブランド偽物 URL 2022年01月30日(日)23時19分 編集・削除

よりウィメンズバッグシリーズ「カプシーヌ」より新作の「シュシュ」シリーズが登場