記事一覧

ロレックスの3大発明のひとつ“パーペチュアル”。開発を迫られた大きな理由とは?

 前回は防水性を高めるのに成功した3大発明のひとつ、“オイスターケース”について解説したが、実は防水との戦いはこれで終了したわけではなかった。

 1920年代は手巻き時計の時代、リューズで常にゼンマイを巻く必要がある。ロレックス スーパーコピーつまり、水の侵入を防ぐには、ゼンマイを巻いた後にリューズを再びねじ込んで密閉状態にしないとならない。しかし、ユーザーがそれを忘れてしまい、水が内部に入るという問題が新たに浮上したからだ。

クロムハーツ ロレックス コピー ケルティックローラー オイスター デイト 黒文字盤 ウォッチブレス 腕時計

素材 SV925×SS
サイズ ケース約35mm(リューズ除く) 腕周り約19cm
タイプ メンズ
ムーブメント 手巻き
機能 デイト表示
防水 日常生活
文字盤 黒系
付属品 保存箱、保存袋
備考 クロムハーツ最大級の重量感、重厚感を誇るケルティックローラウォッチブレス×ロレックスが入荷致しました!!
数が少なく、なかなかお目にかかれない逸品ですのでこの機会をお見逃し無く!

 そこで、手で巻き上げる作業を省いた腕時計の開発を迫られたロレックスは、20年代後半に入り本格的に自動巻きの開発に着手する。そして31年、腕時計として世界初となる、半円形のローターを360度回転させてゼンマイを巻き上げる革新的な自動巻き機構を開発し、初の自動巻きムーヴメントを発表。これはロレックス・パーペチュアルとして商標登録された。

 ちなみにローターとは、自動巻きの時計に使われる扇状のパーツで、回転錐とも呼ばれる。腕の振りにより回転し、ゼンマイが自動的に巻き上がる。リューズを操作せずとも時計は時を刻み続けることができるのだ。


【関連記事】:http://cabochon.top/

コメント一覧

「王妃の時計」最新作 URL 2021年09月18日(土)15時10分 編集・削除

スノーセッティングダイヤモンドが手元に極上の気品を添える「王妃の時計」最新作!|ブレゲ『クイーン・オブ・ネイプルズ 8938』