記事一覧

11月にふたつのオークションを賑わせたロレックス「ディープシー・スペシャル」、それぞれの落札結果やいかに!?

2021年11月のオークションに関するトピックスとして時計愛好家の関心を大きく集めたことのひとつに、オークションハウスのフィリップスとクリスティーズがそれぞれロレックス「ディープシー・スペシャル」を出品したことがある。ロレックス スーパーコピーディープシー・スペシャルは1953年から60年にかけて深海調査に参加してきた腕時計である。いくつかのモデルが製造されたものの、半球型の風防の厚さが35mmもあり着用に向かなかったことなどから量産化は見送られてきた。そんな"レア度"たっぷりのディープシー・スペシャル、今回のオークションにおけるそれぞれの落札結果をお伝えする。

ロレックス2020新作 ロレックス偽物 サブマリーナーデイト 126613LN

カテゴリロレックス サブマリーナー

型番126613LN

機械自動巻き

材質名ステンレス・イエローゴールド

ブレス・ストラップブレス

タイプメンズ

カラーブラック

外装特徴回転ベゼル

ケースサイズ41.0mm

機能デイト表示

付属品【詳細】内箱

外箱

ギャランティー

2021年発表の新世代モデル【126613LN オイスターパーペチュアル サブマリーナーデイト】。

ケースサイズを1mmアップの41mmに設定し、逆回転防止ベゼルには耐久性に優れたセラクロムベゼルインサートを備えます。また、前モデルのがっしりとしたラグは、強靭性は残したままスマートなデザインに変更されました。

インデックスと針に塗布されたクロマライト・ディスプレイは、暗闇の深海においても高い視認性が確保されます。

ムーブメントには耐衝撃性に優れたブルーパラクロム・ヘアスプリングを備えた70時間パワーリザーブの自社製自動巻きキャリバー3235を搭載します。

コメント一覧

シャネルのショーを開催 URL 2021年12月10日(金)22時54分 編集・削除

12月7日(現地時間)に開催されたシャネル2021-22年メティエダール コレクションのショーの舞台は。メゾンが守り続けてきたサヴォアフェールを未来につなげようとするこの場所がインスピレーション源になった。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー