記事一覧

海底探査ブームの黎明期に、ロレックスが試験的に製作したダイバーズウォッチだ。

遠回りは止めて欲しいって? それでは本格的なアイテムへと移ろう。ブラッド・ピット(Brad Pitt)氏はロレックス ディープシー・スペシャルを所有している。海底探査ブームの黎明期に、ロレックスが試験的に製作したダイバーズウォッチだ。それも、彼が持つのはナンバーワン。そう、これがまさしくロレックス最初のメガダイバーズなのだ。実のところ、これはロレックス初のオイスター ダイバーズウォッチとも言えるかもしれない。最初に作られたダイバーズウォッチと同じ年に発表された。バチスカーフ(深海潜水艇)のトリエステ号がマリアナ海溝を潜水した際に同行したものではない(それは第3号であり、スミソニアン博物館に収蔵収されている)ものの、ここには愛すべき要素がたくさんある。

関税なし!ロレックス スーパーコピー ヨットマスター42 226659

型番: 226659
モデル: ヨットマスター42
外装: ホワイトゴールド
ガラス材質: サファイアクリスタル
ケースサイズ: 42mm
バンド材質: オイスターフレックス
ムーブメント: Cal.3235
駆動方式: 自動巻き
パワーリザーブ: 約70時間
機能
防水: 100m
耐磁: あり
アップサイジングしたヨットマスターは、より精悍な顔立ちに

ディープシーやヨットマスターIIに次ぐ42mmケースへとアップサイジングされた、ヨットマスターの新作がこちらです。
42mmというと、40mmが主流のロレックスの中ではかなり大きめと言えるでしょう。さらに、これまでラグジュアリー一辺倒だったヨットマスターにはない黒基調。この部分も従来のヨットマスターと比べ、凛々しさが加わりました。
とは言え素材はホワイトゴールド、そしてセラクロムベゼルはマット仕上げになっており、他のスポーツロレックスとは一線を画したラグジュアリーさは健在。大人気のオイスターフレックスと組み合わさったことによって、やはり登場後に大人気&品薄を博したエバーローズゴールドのRef.116655を彷彿とさせるデザイン性です。もともとヨットマスターは、「ヨッティングを楽しむセレブの余暇」をコンセプトに作られました。そういったコンセプトは守りつつも、どこか野趣的な精悍さをも持ち合わせている新作です。

レザ氏は、この時計を14年前の2005年11月に、クリスティーズのオークションで購入した。32万2400スイスフラン(約3800万円)だった。そのときまでにレザ氏は、ヴィンテージものから新型まで、あらゆるロレックスを収集していた。そして彼が言うように、このような時計を所有することでコレクションに完全な“気象系”がもたらされる。そして、このときから彼は世界で最も重要なロレックスのダイバーズウォッチコレクションにまとめ上げることを始めたのだ。余談だが、ロレックスのツールウォッチはスティールとイエローゴールドで作られる意味がないと、ついこの3月に言った人々に対して。もちろん意味はある、そうだろう。

【関連記事】:http://naohaginao.top/

コメント一覧

女性 URL 2021年09月29日(水)16時09分 編集・削除

コンパクトながらお札もカードも十分収納できる、機能的なお財布です。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー