記事一覧

集えウイスキーラバーたち! 「アードベッグ」が今年もウイスキーイベントを開催

アップロードファイル 10-1.jpgアップロードファイル 10-2.jpgアップロードファイル 10-3.jpgアップロードファイル 10-4.jpg

スコットランド発アイラモルトウイスキーの「アードベッグ(ARDBEG)」は、5月31日と6月1日の2日間、東京・代官山のモンスーンカフェ 代官山で「アードベッグ・デー 2019」を開催する。“アードベギャン”と呼ばれる熱狂的なファンが集うこのイベントは、2012年から年に1度、日本を含め世界中で同時開催している。

 今年のテーマはカリブ海の“カーニバル”。トラクターや車を装飾してパレードをしていた時代のカリブ文化に着想した。会場では、スティールパンの早打ちドラムの音色に乗せて陽気に踊るダンサーや、フレアバーテンダーによるカクテルショーなど見どころも十分。イベント参加のために事前購入が必要なチケットは、今年も完売必至のため、早めの購入がオススメだ。アードベギャンだけでなくモルトファンやモルト初心者も楽しめるイベントとなっている。

 さらに同イベントでは、6月1日発売の限定商品“アードベッグ ドラム”(1万2000円)をいち早く試飲することができる。熟したバナナやパイナップルのトロピカルなアロマが特徴だ。生産数がごく少ないため、このイベントは希少な“アードベッグ ドラム”を味わえるまたとないチャンスだ。

 「アードベッグ」は1815年にスコットランドのアイラ島で生まれたシングルモルトウイスキーで、蒸留所はたびたび閉鎖の危機に見舞われながらも大勢の愛好家に支えられ、今では世界130カ国、約12万人以上のファンに支持されている。

 ピート(泥炭)が非常に強くてスモーキーという特徴から“上級者向け”というイメージが強い「アードベッグ」だが、手掛ける最高蒸留・製造責任者のビル・ラムズデン(Bill Lumsden)博士は初心者でも楽しめると話す。「ニート(ストレート)やハイボール、カクテル、加水するなどあらゆる方法を試して、自分のお気に入りを見つけてみてはどうだろうか。大前提として“正しい”とか“間違った”飲み方というのはないので、堅苦しく考えず好きに楽しんでほしい」。

「ショパール」からブランド史上最高額の香水が登場

アップロードファイル 7-1.jpg

「ショパール(CHOPARD)」はローズを基調としたフレグランス「ローズ ドゥ キャロライン」を英ハロッズで先行発売した。昨年ローンチした、サステイナビリティーを意識してナチュラルな原料にこだわった高級ライン「オートパフュマリー コレクション」の最新作で、生分解性の自然由来成分と人工成分をブレンドしている。価格は100mLで550ユーロ(約6万7000円)とブランド史上最も高額な香水だ。

調香師のアルベルト・モリヤス(Alberto Morillas)が手掛けた香りは希少なブルガリア産のバラとセンティフォリアローズのエッセンシャルオイルを配合し、従来の香水に比べてナチュラルな材料の含有率は高い。同香水はキャロライン・ショイフレ(Caroline Scheufele)共同社長兼アーティスティック・ディレクターに捧げたというモリヤスは「キャロラインのパーソナリティーと自宅のバラ庭園がインスピレーション源。彼女が愛してやまないバラをぜいたくに使用し、他にはないユニークな香りに仕上げた」と説明。その他グアテマラ産のカルダモンやインドネシア産のパチュリ、マダガスカル産のバニラバーボン、シナモン、シダーオイルなどを配合している。

真っ赤に染まったボトルデザインは宝石をイメージしたカットで、ゴールドのキャップはショイフレが1998年にデザインを刷新したカンヌ国際映画祭における最高賞「パルム・ドール」(受賞者に授与されるナツメヤシをモチーフとしたトロフィー)をイメージ。FSC(Forest Stewardship Council、森林管理協議会)認証を得ており、人口染料を一切使用していない。「ショパール」はジュエリーでも環境に配慮した製品づくりに注力しており、2018年7月から全てのジュエリーとウオッチが100%エシカルな生産方法を導入している。

「ローズ ドゥ キャロライン」は数量限定で販売し、30以下の限られた販売拠点で展開する。

ウィンターカラーにときめくsacaiの限定クラッチバッグ

アップロードファイル 6-1.jpg

いつものコーディネイトをうんとおしゃれに仕上げてくれるクラッチバッグ。ここ最近のトレンドですっかり定番になったアイテムだからこそ、こだわりのひとつを持ちたいのがナイロニスタの本音。そこで、sacai(サカイ)から11月30日より限定で販売されるクラッチバッグにご注目。

日本を代表するマエストロ、吉田カバンが製作したバッグを、ピンク、グリーン、ネイビーと冬の装いにぴったりな3色で展開。ナイロン×レッキスファーの異素材の組み合わせも、sacaiらしいひねりの効いたアプローチで新鮮♪ お出掛けの必需品がしっかり入るPCサイズなうえ、内側にも取り外し可能なビニールポケットが装着されているので機能性は◎。デイリーユースはもちろん、個性的なパーティルックにも花を添えてくれるとっておきのアイテム!

この季節のおしゃれを何倍も楽しませてくれそうなバッグは、南青山のsacaiフラッグシップストア、Dover Street Market Ginza、伊勢丹 新宿店、阪急うめだ本店の4店舗で販売。自分へのクリスマスプレゼントを狙っている人も、ひと味違ったこんなクラッチバッグはいかが?

クラッチバッグ各¥44,100
(サイズ:H280×W390×D30mm)
11月30日(土)から発売/阪急のみピンクを先行発売中

展開店舗
sacai
add. 東京都港区南青山5-4-44
南青山シティハウスA-1F, 2F
tel. 03-6418-5977

sacai DOVER STREET MARKET GINZA
add. 東京都中央区銀座6-9-5 ギンザコマツ西館
DOVER STREET MARKET GINZA 4F
tel. 03-6228-5080

sacai 伊勢丹新宿店
add. 東京都新宿区新宿3-14-1
伊勢丹新宿店 本館3階 インターナショナルデザイナーズ ウエスト/ sacai
tel. 03-3352-1111(大代表)

sacai 阪急うめだ本店
add. 大阪府大阪市北区角田町8-7
阪急うめだ本店 3階 インターナショナルデザイナーギャラリーズsacai
tel. 06-6361-1381(大代表)

バーチャルインフルエンサーのミケイラ・スーサがファッションブランド立ち上げへ

アップロードファイル 4-1.jpg

バーチャルインフルエンサーのミケイラ・スーサ(Miquela Sousa)が、自身のブランドを立ち上げるとインスタグラムのアカウントで発表した。

 ミケイラはカリフォルニア出身の19歳という設定。2016年4月にインスタグラムのアカウントを開設して以来、「ジェイ ダブリュー アンダーソン(JW ANDERSON)」と「コンバース(CONVERSE)」のコラボスニーカーや「シュプリーム(Supreme)」「プロエンザスクーラー(Proenza Schouler)」といった人気ブランドを着用したスナップなどを投稿し、インスタグラマーとして注目を集めるようになった。近年では「アグ®(UGG®)」や「モンクレール(MONCLER)」のキャンペーンにも起用された。

 ブランドの立ち上げを発表したミケイラは「私は永遠の19歳。2019年を盛り上げましょう!」とコメント。インスタグラムの投稿では、フォロワーに好みのウェブデベロッパーやデザイナー、アーティストに関する質問を投げかけている。
サムスン電子の中国法人が12月10日(現地時間)に中国・北京で開催した「Galaxy A8s」の発表会で、「シュプリーム(Supreme)」とのコラボレーションを発表した。これについて米ニューヨークを拠点とするシュプリームが「協業の予定はない」と否定した事から、一連の展開が話題を集めている。

 韓国の複数媒体の報道によると、サムスン電子中国法人が協業するのは、本家の米シュプリームではなくイタリアを拠点とする「シュプリーム イタリア」。インターナショナル ブランド ファーム(International Brand Firm)社が展開するブランドで、本家の米シュプリームに似たロゴ商品などを展開しているため、偽ブランドと捉えられている。両者は以前から対立していたが、過去に本家がイタリアで申立てたフェイク品を巡る裁判ではシュプリーム イタリアが勝訴した事も。これは商標権の所有が国によって異なることが理由とされている。中国についても、本家の商標取得が完了していない可能性が高い。

 サムスン電子中国法人が10日に発表した異色のシュプリームコラボは、ウェブメディアなどの報道を通じて一気に情報が拡散した。インスタグラム上には「フェイクだ」という疑惑の声や、サムスンに対する批判が続出。それらの反響を受けてサムスン電子中国法人のデジタルマーケティングマネージャーのLeo Lauは、自身のWeibo(微博)を通じて「シュプリーム ニューヨークは中国での販売承認を得られていないが、シュプリーム イタリアは日本を除くアジア太平洋地域での販売権利を持っている」とコメントを投稿した。しかし後に投稿を取り下げている。

 その後ニューヨーク現地時間で11日12時頃、本家の米シュプリームがコラボレーションを否定する公式声明をインスタグラムのストーリーズに投稿。サムスン電子の発表会に登壇したシュプリーム イタリアのCEOは、来年中に中国に初上陸し直営店を出店するとともに、上海のメルセデス・ベンツ カルチャーセンターで初のランウェイショーを行う計画も明かしていたが、これらについても米シュプリームが否定した。発信した内容は「北京でフラッグシップショップをオープンする計画も、メルセデス・ベンツのランウェイショーに参加する予定もない。これらの主張は全て虚偽であり、偽造組織によって拡散されている」というもの。シュプリームは世界的な人気ブランドだけに、三者の動向にファンのみならず多くの関心が寄せられている。

 なお、ネットを中心に騒ぎが拡大している11日現在、韓国のサムスン本社からは本件について公式発表は出されていない。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ