記事一覧

ジャネール・モネイとラルフローレンがクラブの主張をする

ステラマッカートニーと渡辺淳弥が加わります。川久保玲が上に浮かんでいます。はい、まだショーが続いています。


ラルフローレンが最後に本物のライブファッションショーを行ったとき、それはおかしなことでした。それは、世界が非常に異なった場所にあった2019年9月にさかのぼります。

そして2019年9月に、彼はマンハッタンのロウアーマンハッタンにある廃墟となった銀行の建物に、クリスタルのシャンデリアとアールデコを垂らした1920年代のレトロなナイトクラブを建てました。ジャネール・モネイが演奏し、歌を歌い、テーブルに登り、シャンパングラスを壊しました。それはすべて非常にギャツビーでした-素晴らしく、いつ覚えていますか。

あの時を覚えている?

そうでない場合は、木曜日の夜、彼はモナエさんの白黒コンサートフィルムでイベントを再現しました。ローレンさんのダブルブレストのニップウエストスーツと同じくらい強力な議論です。 —ローレン氏のビバリーヒルズの旗艦の金色の環境で、フランク・シナトラの「オール・オア・ナッシング・アット・オール」(および彼女自身の曲の品揃え)を唸らせます。ドラムセットは、ラックを吊るすことによって一隅に囲まれていました。別のスツールに腰掛けたサックス奏者。

事前に、ローレン氏の春のコレクションを主演する白黒映画が上映されていました。 (彼は、今すぐ購入するスケジュールに固執している数少ないデザイナーの1人です。いつ覚えていますか?)ムードは非常に「キーラーゴ」とボギーバコール、すべての蝶ネクタイと航海のストライプ、象牙のスーツの傾いた紳士でしたベビーグランドの肘とワンショルダーのコラムの女性、そしてバルコニーのそよ風にキスされたずんぐりしたホルターネック。独創性はローレン氏のコーリングカードではありませんでした、そして彼はエレガントなノスタルジアの彼の特定のブランドに傾いて幸せです。写真に写っている人々はもっと多様化したかもしれませんが、ストーリーテリングはそうではありません。


それでも、木曜日はすべてが先祖返りではありませんでした。モナエさんのセットの後、あなたは事実上店を見学して、棚を買うことができました。言い換えれば、発火したばかりのかゆみを掻いて外に出ます。いたるところに燃え上がっています。

確かに、ローレン氏だけが、私たちがダンスと喜びの予定であると考えているデザイナーではありません。そして、クローゼットの準備をする時が来ました。

パーティーダウン
「クラブに行くのが本当に恋しいと思います」と、ステラマッカートニーは、コレクションの発表前にズームコールで語りました。ジューシーな色と誇張されたフレア、渦巻き、オプアートプリント、ストレッチサテンのシャーリングのエネルギッシュなマッシュアップです。テートモダン。

「私は基本的に、本当に、本当に大音量の音楽を聴きたいだけで、閉じ込められているとは感じたくないと思います」と彼女は続けました。 「キラキラを見て、もう一度体験すること。」

どうやら、彼のショーを「不滅のロックスピリット」と呼んだ渡辺淳弥はそうしました。彼のミューズは大きなスタジアムバンド— Kiss、Who、AC / DC、Queen —であり、彼の構成要素はデニム、コンサートティー、そしてVersaceを含むさまざまなコラボレーションであり、すべてが衝突する音と発明の音のブームでつなぎ合わされました。

一方、1970年代のナイトライフの普遍的なシンボルであるフレアは、ラフ・シモンズとトリー・バーチで見られるようになりつつあります。

サイモンズ氏は、彼の(ずんぐりした、流動性のある)ものと、巨大なニット、膝にぶら下がっている袖、大きな球根状のキルティングジャケット、そして今シーズンの最高のアクセサリーを組み合わせました。 、上腕三頭筋、前腕。

バーチさんはより仕立てられ、都会的で、ワイドウェールのコードスーツにベストを備えたポプリンのシャツドレスを混ぜ合わせました(ベストを覚えていますか?)。 、バーチさんが最初にニューヨークに引っ越したときの彼女のカフェテリアであるとバーチさんが言ったダウンタウンの飲食店。ヤム。


私たちは皆、昨日が明日になる瞬間を夢見ていて、終わりのない現在から逃れることができます。皆さん、それは旅でした。

要約すると、二宮圭の社会的距離の過去のゴージャスな抽象化、すべての剛毛の半透明のヤマアラシの棘、携帯用の個人用ゲートのようなパッド入りまたは金属製の格子をご覧ください。または、高橋盾のアンダーカバーは、シルクのようなプリントのパジャマから巨大なぴったりとしたニットウェア、蝶ネクタイの野球のスウェットまで、昨年のサイコドラマを65ルックで簡単に旅したようなショーでしたが、バタフライプリントと虹色の花のようなジャケット。

それでも、エドワード時代の熱帯地方を雲に作り上げたコムデギャルソンの川久保玲ほど巧みに上に浮かんでいる人はおそらくいないでしょう。白黒の積雲のカッタウェイパフボール、レースとチュール、クリノリンはすべて乾燥したストーブパイプの帽子で覆われています川久保玲さんと、ますます注目を集めるスタイリスト兼編集者のイブラヒム・カマラさんから。誰が、ショーノートは「帽子デザイナーではない」(イタリック体は彼ら自身のものである)とすぐに指摘しました。私たち全員が何か新しいことを試す時間です。

外出用の服ではないのなら、間違いなく上る服でした。いずれにせよ、それは幸いにも異なる方向です。

ロンシャン


『40代になっても愛用できる』大人のためのフレンチバッグブランド。
愛用し始めたのが30代から…という人が多い「ロンシャン」はフランス・パリ生まれのバッグブランド。
シックでエレガントなバッグはもちろん、ムートンやカラフルな色で遊びを利かせた大人可愛いバッグなど種類は豊富。40代・50代の方も愛用しているので、これからずっとお世話になっていけそう。
30代で人気のバッグ3選♪

ロンシャンの代名詞。超軽量ナイロン×上質レザーを組み合わせた『ル・プリアージュ』ラインのバッグ。
ほどよく上品さがあって軽くて丈夫で安い!。大人デイリーに最適なこのバッグは愛用者も多数。

ロンシャンの中で今最も旬なのがこの『ペネロペ』ラインの大人トートバッグ。
タイムレスな魅力で仕事にも、ママの学校行事やお出かけにも使える万能さが魅力。デイリーバッグを格上げしたい方必見です。

ラグジュアリーな雰囲気のクロコダイルの型押しで、持つだけで背筋が伸びるようなパワーを感じる『ロゾ クロコ』ラインのバッグ。
軽くて、大きさもちょうどいい、才色兼備なトートです。パソコンやタブレットも十分入るから通勤バッグとしてもOK。

秋・冬に大活躍♪ どこでも連れて行きたくなるような愛らしいムートンバッグ『ロゾ パンテール』。
アウターが重くなる秋・冬のスタイリングに程よく軽さと華やかさをプラスしてくれる逸品です。